米沢市 ひだまり整体院の雑記 イメージ画像

映画と本

今年に入ってから試写会への応募が2発2中!前半戦で運を使い切ってしまうのか・・・。今回は『風に立つライオン』を観てきた。「ガンバレってのは人に言う言葉じゃなく自分に向かって言っているんだ」夜な夜なケニアの大地に向かって叫んでいる姿を見た看護師のワカコに対
『風に立つライオン』の画像

いつもの読書ペースに戻りつつあります。今回手に取ったのは伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』タイトルだけ見ればSF物と勘違いしそうですが主人公は日本どころか宮城県からも出ません。何となく『ゴールデンスランバー』を思い出させる展開です。仙台市内の地理
『火星に住むつもりかい?』の画像

今の脳の状態では難しい内容は厳しいので数時間で読めそうな本を。今回手にとったのは百田尚樹さんの『フォルトゥナの瞳』この本を手にとった瞬間にあなたの「運命」が、変わるかもしれません。ハードカバーの表紙の裏にそう書かれていた。この本を読んだことがある人は素直
『フォルトゥナの瞳』の画像

雪の心配もなくなってきたし、と思ってポチッとクリックしたら当たってしまった。今年初の試写会は『くちびるに歌を』舞台は長崎県の五島列島。かつての母校に音楽の臨時講師として帰ってきた柏木ユリ。プロピアニストとして東京で活躍していたのにも関わらず一年前から一切
『くちびるに歌を』の画像

確定申告という数字とにらめっこ作業が一段落したので夜はようやく読書タイムの到来である。この調子で二冊目、三冊目と読みたいとこだが今日、明日、明後日はまた予約が全て埋まったので夜はバタンキューになるかな・・・。今回はお気楽な本を読みたいね~と手に取ったのは
『ガソリン生活』の画像

『竹取物語』を読んだのが遥か昔の記憶のまま映画を観てみました。かぐや姫の物語これが地井武男さんの遺作だったんですね。いいお父さん役でした。どんな素晴らしい作品でも声優がイマイチだと大きな残念ポイントになりますがこの作品はいいですね。作品が手書き風というの
『かぐや姫の物語』の画像

今季初の降雪量が一桁の日が昨日まで6日続いている。そして今日も更新するだろう。久々に目覚まし時計で起きる朝を迎えている。朝に時間の余裕があるということは夜もゆったりとした時間を過ごせる。確定申告の準備は後回しにして二夜続けて映画の時間を作る。『幸せのレシ

舞台は1945年4月、戦争末期のドイツ。一台の戦車に乗る5人の兵士の物語。フューリー(激しい怒り)と命名された戦車でドイツ軍に立ち向かって行く。ウォーダディーはチームのリーダーで仲間の命を守るため気丈に振る舞っている。バイブルは射撃を行う砲手。 信仰心が
『フューリー』の画像

ライダー、レスラー、鬼、夫婦とくれば共通ワードは「仮面」ホテルにはいろいろな人間がやってくる。 彼等は皆、仮面を被っている。だからホテルマンは、決してその仮面を外そうとしてはならない ―。今回手に取ったのは東野圭吾さんの『マスカレード・イブ』3年前に発刊さ
『マスカレード・イブ』の画像

表紙に惑わされてはいけない。 これは真面目な本なのである。ただし、ブックカバー無しで電車内に持ち込むには多少の勇気がいる。信田さよ子さんの『カウンセラーは何を見ているか』ここ最近精神疾患の方が続いたのでホントの現場の話に興味があった。保険診療の現場の話は
『カウンセラーは何を見ているか』の画像

↑このページのトップヘ