登山用のアパレルは総じて価格が高いのですが長持ちします。

先日は10年以上冬用のアウターを愛用されている方と30分以上パタゴニア談議をしまして。

その間に補修したといえばファスナーのほつれぐらいとのことです。


また、パタゴニアというブランドは山に行かない人でも街を歩くファッション的にもアリなんですよね。

若い女性なんかが着ていると「おっ」と見てしまいます。


別な方とは登山中の発汗による透湿性能の違いについて。

パタゴニアのウレタン系と他のゴアテックス素材ではどう違うのか?

こちらは興味深い話であるもののブログでは難しい話題なので割愛します。


私が普段山に着て行くのはゴアテックスのモンベルですが夏場の雨はキツイですよ。

もちろん外からの雨は防いでくれますが透湿の能力に対して汗のほうが多く出るので中はこもります。

首元のファスナーを緩めて熱を逃してあげませんと不快です。


それほど多くはありませんが春夏秋冬いろんな山に行ってみて思ったことがあります。

快適かどうかを左右するのはアウターではなく直接肌に触れるインナーではないかと。

インナーをケチったために昔エライ目に遭いましたから・・・。


非日常の環境では最悪の状況を想定して買い物しませんとね。