昨日はF1第2戦マレーシアGPの決勝が行われました。

タイヤに厳しいレースで最後までハラハラ・ドキドキでした。


6番手スタートのハイドフェルドは素晴らしいスタートダッシュを決め、ベッテルと先頭争いをしていたマクラーレン勢をスルスル~とパスして一気に2位浮上!


まさに、してやったり。


しばらくは後続を抑えていたものの1回目のタイヤ交換からマシン性能の差が出てきて5~7位を行ったり来たり。


残り数周となった所でハイドフェルドの後ろにはウェバーがピッタリといる。

タイヤはウェバーの方が新しい・・・。「何とか抑えてくれ~」


ストレートではウェバーがDRSで追っかけ、ハイドフェルドはKERSをフル活用し逃げる。


最後まで逃げ切ってハイドフェルドは3位表彰台!

私はテレビの前でガッツポーズ。良いレースでした。


優勝はまたまたポールトゥウィンのベッテル。

レッドブルのKERSが正常に働いたら・・・と考えると「はぁ~恐ろしい」


この興奮のまま次戦は1週間後の中国GPです。