昨日はF1第3戦マレーシアGPの決勝が行われました。

天候はスコールの来るという予報に反して終始ドライでした。


それでも気温32℃、路面温度40℃という灼熱のレースに。

その過酷な条件のせいかマシントラブルでのリタイヤが続発。


シューマッハはホイールナットが外れるという不運に見舞われ僅か10周でリタイヤ。残念な結果でしたがチームメイトのロズベルグが3位入賞で次に繋がるかな。


個人的に大健闘だったのが5位のスーティル。

すぐ後ろにいるハミルトンを長い周回抑えていましたね。

ミスもなく素晴らしい走りでした。


優勝はベッテル。2位にもウェバーが入りレッドブルの1-2フィニッシュ。

ようやく3戦目にして結果を残せましたね。


次戦の舞台は万博で熱くなるであろう上海。

レースも熱くなる予感。