やっぱりAIは人間に敵わない。
女性がジムに通い始め更にエステまで行き始めたら、男性の影を真っ先に疑いますよね。

そこがミステリーなんですよ。
あと数十年、AIが捜査一課の仕事を奪うなんてことはありません。

昨日の新幹線に持っていった小説は東野圭吾さんの『希望の糸』
CCI_000001

ここ米沢でも父親から我が子に暴力を振るって逮捕される事例が増えてきました。
必ずしも血縁関係があるから子どもを幸せにできるとは限りません。
最悪の事態を招く前に手放す勇気ですね。

いろいろな家族関係があります。
実際に『万引き家族』もあり得るかもしれません。
東野さんの世界観で考えさせられました。