有名すぎて概要は私から記すまでもないので割愛。
奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
CCI20190704

ひょんなことから読むきっかけをいただきました。
いや~これはヒトとして生きるための教本かもしれません。

リンゴの木という目に見えるものより、見えない地中の状態を気にできるか。
そのまでの思考まで辿り着いたら、もうゴールは見えてくるわけです。

微生物との共存とか考え方がぴったし。
ぜひ食べてみたいですが買えないので食べに行くしかありません。

農薬も肥料も与えない。
リンゴの木が人間だとしたらどうでしょう。

先日、患者さんからお聞きしました。
ある病気で絶食しなければならなかったとき、その期間だけは花粉症の症状が出なかったそうです。

当然ながら不要なものを摂取しないので出るものも出ないということでしょうか。
断食でアトピーが緩和すると同じ理屈なのかな~

私は花粉症ではないので試せません。
どなたか来春ご協力を~(笑)

私の娘は3歳ですが、丸一年くらい下の子と似たような体格です。
それでも病気にはならないので最後に小児科で薬を飲んだのがいつだっけ?という記憶ですね。

他の子より成長は遅いですが、木村さんのリンゴの木のように地中でグングン根っこを広げている状態なのでしょう。

以前、お客さまから言われてハッとしたことがあります。
「山の木々は雪囲いしなくても、そうそう折れないでしょ」

ヒトも植物も過保護にしないほうが丈夫になりますね。
今冬から庭木のイロハモミジを雪囲いしないでみよう。