またもやこちらの想像を遥かに超える収束に脱帽。
一度、伊坂さんの頭の中を覗いてみたいです。

伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』
img308

風我(ふうが)と優我(ゆうが)は一卵性の双子。
あるときから決まった日時にお互いの居場所を瞬間移動できるようになるのだが…。


過去の伊坂さんの作品を読んだことがある方はお分かりでしょう。
悪はとことん悪で、黒より更に黒い闇みたいな人物が登場します。

救いようのある悪と救いようのない悪があるとすれば、今回は後者。
切なさを抱きながら読了するのです。