南陽市の某企業。
景気がいいようで昨年は新社屋にしました。
そこには社員約80名のクルマを保管できる屋根付き駐車場も完成。

冬季間にはよくある光景です。

残業でクタクタになって「早く帰りたい」と思ってもクルマの屋根や周りにこんもりと積もった雪を除けなければ帰れません。

「仕事終わっても、また力仕事かよ…」
屋根付き駐車場にすればそんな嘆き節も皆無になります。

仕事終わって着替えている最中にエンジンスターターをピッ。
除雪をする必要もなく、ぬくぬくの車内でそのまま出発。

細かい部分ですが太陽の紫外線をカットしてくれるので塗装やタイヤの劣化も防げます。 これって売却するときの査定額も変わりますよね。

ここまで手厚く社員の福利厚生を考えてくれる社長は素晴らしい!
もちろん会社の経費としてもメリットがあります。

約100台規模の駐車場を建設会社に除雪依頼すると年間○百万。
それが無落雪タイプの屋根付き駐車場にすれば丸々浮きます。
多少出入り口の除雪は必要ですが。

米沢の某企業は仕事をしに来ているのに駐車料金を取ります。
どっちがモチベーションを高めるでしょう?
1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s