今日の朝刊にはまた大型バイクの事故が2件載っていた。
こういう記事が載るたびに「バイク=危険」という印象を一般の方に与えてしまう。

前回のツーリングで見えてきた基本テクニックのダメダメさ。
できているつもりになっていては成長しない。
アクセル・ブレーキ・クラッチの微妙なタッチがなっていない。

時速3~5kmの超低速でもコントロールし続ける技量。
アクセル操作せずに半クラッチを1mm単位で固定して車速を維持できるか。
極力車体を倒さずに素早くスラローム走行。
IMG_0144

徐々に速度を上げていくと2回パイロンの角を撥ねてしまう。
まだまだバイクが手足の一部になりきれていない。 練習あるのみ。
こういう地味な基礎練習が整体と同じで性に合っている。

何年経っても「バイクは危険だ」と言い続ける輩はいるが、果たして乗ったことがあって言っているのか?

木登りの楽しさと危険性は登った人しか分からない

確かに四輪のクルマに比べれば二輪は不安定でコケたら即ケガに繋がる。
でも、クルマだって事故ったらケガのリスクはあるはず。
だから最悪の状態を想定して日々練習に励むのだ!

「スピードを出せるクルマ」と「スピードが出るクルマ」は別もの。
軽だって原付きだってアクセルをギュ~っと煽ればそこそこスピードを出せる。

だから最高速が○○○km/hと言われても興味がない。
どうせ日本ではそんなに出せるところないし。

以前はサーキットにもよく足を運んで公道ではできない走行を楽しんだが、そこまで熱くなれなかった。

性格的に小さいクルマで低速での限界コントロールをすることに興味が湧いた。
一時レーシングカートを買う寸前までいったがギリギリのところで踏みとどまった。
ジムカーナが性に合っている。

数年前、友人がインプレッサ WRX STIを買って運転させてもらったが、ものの数分で鍵を返した。

登り坂でもアホみたく加速するバケモノでは私の免許証の点数がいくらあっても足りない。

これが勝手にスピードが出るクルマ。
制限速度で走ることが私にとってはストレスとなる。

バイクはもっと加速感があるので街中メインで大型に乗るのはストレス大。
それが例え400ccでも気づくと結構飛ばしている。
で、結局250ccに落ち着くわけだ。 必要にして充分な排気量。