数年ぶりにノンフィクションの長編小説を読みました。
百田尚樹さんの『幻庵』
img260

江戸時代の囲碁の話です。
私自身、囲碁は触れたことも見たこともありませんが読み進めることのできる内容です。

カテゴリは違いますが、現在将棋界では藤井四段が旋風を巻き起こしています。
そんな天才少年レベルが囲碁界に数年毎に誕生していた時代です。

今は勝負に負けてもただの一敗ですが、当時は命懸けの対局が多々ありました。
まさに対局中、吐血してそのまま碁盤に突っ伏してしまうなど。
お家のために命を削っていたわけです。

名人の座を巡っての対局なんかは読んでいる私の胃がキリキリしてくるほどです。
そこまでの真剣勝負は経験ないですからね。
久々に読んでいて熱くなる小説でした。