先日亡くなられた105歳の日野原重明が常々言っておられました。
「新しいことに挑戦し続けよう」
img_09bd15186a12bc4135164de4302f2183201899

例え何歳であろうとも思い立ったが吉日なんですよ。
それが失敗したとしても経験値とすれば人生プラスに働いています。

ケガをただのケガで終わらせないのが一流のスポーツ選手。
三十路を過ぎても成長し続ける2人のテニスプレーヤーがいます。
ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダル。

今年のグランドスラム4大大会はすごいことになっています。
全豪はフェデラー、全仏はナダル、ウィンブルドンはフェデラーが優勝しました。
どちらもケガからの復活劇です。

一般的にプロテニスは寿命の短いスポーツです。
なのにフェデラーは35歳、ナダルは31歳なんですよ。
もし、このまま次戦の全米もどちらかが勝ったら年間グランドスラムを三十路が制します。
過去にそんなすごい記録残っていますかね?

2人の共通点は振る舞いや対応が紳士的で昔から好感を持っています。
他には身長185cm、体重85kgというのも一緒。
違いはフェデラーが右打ちでナダルが左打ちということですね。

どちらも好きなんですが私と誕生日が一緒ということでフェデラー贔屓です(笑)。
私は数週間後に四十路となりますが、負けずに成長し続けますぜ。