先日ついに行ってきました『くら寿司』へ。
bywssybl

混むと分かっている飲食店は大概予約してから向かうことにしています。
夕食タイムは18時という家族が多いと推測して17時半に予約入れました。
5分前に到着したものの既に満車状態。「どうすんの~?」

1台空いているものの隣のクルマが白線をまたいで駐めているので入れません。
「何のために警備員が居るんだよ」

駐車場入口で《満車》と書かれたパネルを持ってただ突っ立っているだけだったらそんなのボードに立て掛けて誘導してよ、と言いたくなるのを我慢して待機。

少し遅れて店内に入ると既に待っている人で溢れています。
楽天ポイントカードの申込みをしながら10分くらい待ったところで案内されます。
ありがたいね~ あまり買い物しないのでポイントを消化する機会がありません。

席に着くと初めての入店だったので勝手が分からず周りをキョロキョロ。
醤油皿を探せどもありません。
どうやらプッシュ式の醤油をネタに1滴1滴垂らして食べるシステムなんですね。

確かにシャリマシーンでネタが乗っかっているだけで握っていませんから、ひっくり返してネタを醤油につけるとバラバラになるからでしょうね。

そこまで理解して次はワサビ抜きで提供される対策です。
本格生わさびの瓶がテーブルに置いてあり、その小さなスプーンですくって手でネタを持ち上げてシャリに塗りつけるわけです。

「風味を失わずワサビ本来の美味しさを味わえるよう直前ワサビにこだわっています」とあります。
風味っていってもシャリマシーンから出たシャリにネタを乗せレーンに乗っけるまで何分もかかるわけじゃないでしょうから個人的にはワサビを塗って提供ほしい。

提供する側のこだわりと食べる側のこだわりがぶつかり合います。
でも、100円で利益を出すためにはワサビ抜きがこれから必須になっていくんでしょうね。ワサビを塗る作業で人件費を奪われたくないから。

提供されてから3秒で口に運びたい私にとって5皿目以降は面倒になって丼に走ってしまいます。ネタの上にワサビを乗せれば少し早くなりますが、それじゃ刺身を食べるのと一緒ですから。

味覚を感じるのは舌なのでネタを下にシャリは上に、そして咀嚼しながらワサビの風味を徐々に感じられるのが寿司の醍醐味だと個人的に思っています。
それを食べたかったら他に行けってことでしょうね。

そして以前から食べることを宣言していた牛丼です。
rs_susi2

私は吉野家の牛丼を数百回食べてきたファンなので厳しい評価になります。
普通のご飯と酢飯では同じ土俵に立っていると言えないかもしれません。
甘みのある牛丼が好みの方は有りだと思います。

ビッくらポンについてはGさんの読み通り、20皿で1回当たる確率ですね。
私は10皿目で当たりました。
さすがに30皿目までは胃が拒否してきました(苦笑)。

昨日は既に2回行かれたIさん情報でシャリカレーパンが一押しだと。
今度はサイドメニューをメインで行ってきます。