米沢市 ひだまり整体院の雑記

日々思ったことを徒然なるままに

米沢市 ひだまり整体院の雑記 イメージ画像

更新情報

先日もう一つのブログにアップした記事『タバコを吸う利点はもう一つあった!?』 「横堀さんってタバコ容認派なんですか?」と訊かれることが増えました。 えぇ容認派ですよ、人様に迷惑をかけなければね。私は吸いませんけど。 小学校からの教育を変えなければならないこ
『自分で考えさせる習慣をつけさせないとね』の画像

新入社員として米沢の営業所に配属されたIさん。 上司にも恵まれ「毎日仕事が楽しい」と思えるほどだそうです。 タイミングが合えば昼でも夜でも名店に連れて行ってもらえて会計は毎回100%上司の奢りになるようです。「お礼は仕事で返すように」と。 おそらくその上司
『一歩社会に出たら教科書に載っていないことだらけ』の画像

年甲斐もなく遊んでばかりいるように思われますが(実際そうなんですけど)少しばかり育児に参加しています。 出生日からですと別な日だったのですが私の休日に変更してもらい、1歳8ヶ月検診に連れていきました。 私と同じ父親だけの組み合わせはいないかな~と見回しま
『何事も経験! 1歳8ヶ月検診に参上』の画像

秋晴れの昨日、3号が「連れてって~」と訴えてきます。 午後から予定が入っていたので午前中2時間で帰って来られる距離でね。 西吾妻スカイバレーから裏磐梯、桧原湖一周のルートです。 1,400m付近の紅葉はまだまだだね。 ちょっとだけ紅く染まっている木も。 桧原湖西
『西吾妻スカイバレーから桧原湖一周ツーリング』の画像

絶妙なパスが飛んできて「よっしゃ!」とサッカーボールを蹴ったと思ったらスカッ...。 こういう空振りしたときの膝のダメージって意外と長引くんですよね~ スポーツ中ではないものの空振りみたいな感じで尻餅をついて腰痛になったKさん。 早めに対処できてよかったです。
『空振り系のダメージは意外と長引きます』の画像

我が家に新しい住猫がやってきました。 7月に姉の家で誕生した5匹のうち1匹を譲り受けました。 五代目「まる」 まだ0歳ですが立派な顎髭(模様)を出しています(笑)。 見た目通り物怖じせず人に近づいていきます。 タキシード着ているような白黒のバランスと前足は
『命名 五代目「まる」』の画像

台風が過ぎ去った後の綺麗な空気を期待して蔵王まで行ってきました。 往路は今まで通ったことのなかった羽州街道(七ヶ宿街道)を選択してみましたが、クルマだったら通りたくないね。対向車来たらアウトじゃん。バイクは逆に気持ちいい道路だけど。 密かに3号をバージョ
『蔵王のお釜までツーリング』の画像

これは先入観なしで観たほうがいい映画だね。 ツッコミどころ満載ですが期待以上に楽しめ、そして意外にも感動したり。 ニール・ブロムカンプ監督の『チャッピー』 個人的には同監督作品の『第9地区』より好きです。 B級映画と呼ぶ人もいますが、内容もキャストも素晴ら
『チャッピー』の画像

先週の国土交通省の発表には驚かされました。 東北中央自動車道・福島-米沢間、11月4日に開通 今月の初め栗子峠から見た刈安付近はまだまだに見えましたから。 「マジで!? あれで間に合うの?」って感じ。 まぁ発表された以上、間に合わせるのでしょう。 ここからは
『東北中央自動車道の開通で考える』の画像

9月11日未明、夢の中である物を伝授される。 あまりにもスピリチュアルな内容なので詳細は避ける。 上手くそのカラダを使いこなせれば、これまでにないパワーを手に入れられる。 それができないと今まで通り。 12日の朝からカラダのアチコチに鉛を入れられたように重
『この試練を乗り越えられるのか?』の画像

やる前&行く前から「不安だ、あ~どうしよう」と悩むことが日常的に多々あります。 で、やってみると「なんだ、たいしたことないじゃん」と思うことも同じ数だけあります。 1週間の北海道旅行を楽しんでこられたS さんからゲンキナとお菓子をいただきました。 ゲンキナは
『場の雰囲気で何とかなるのもある』の画像

数年ぶりにノンフィクションの長編小説を読みました。 百田尚樹さんの『幻庵』 江戸時代の囲碁の話です。 私自身、囲碁は触れたことも見たこともありませんが読み進めることのできる内容です。 カテゴリは違いますが、現在将棋界では藤井四段が旋風を巻き起こしています。
『幻庵(げんなん)』の画像

明日3日(日)はセミナー出席の為お休みさせていただきます。 翌4日(月)からは平常受付とさせていただきます。 ここ数日の天気は一気に秋へと突入した感じですね。 既に数名から「今年初の芋煮を食べましたよ~」という声をいただいています。 日差しが届けば明日も河川
『9月3日はお休みさせていただきます』の画像

この本を読了後は自宅のドアを開ける瞬間、身構えてしまうこと必至でしょう(笑)。 伊坂幸太郎さんの『AX』 伊坂さんの作品はテンポよく読み進められるので気分を変えたいときに最適です。 普段は文房具メーカーの営業マンとして働く「兜(かぶと)」 高校生の息子を含め
『AX (アックス)』の画像

↑このページのトップヘ