米沢市 ひだまり整体院の雑記

日々思ったことをぼやき 徒然なるままに記しています

米沢市 ひだまり整体院の雑記 イメージ画像

更新情報

施術が終わって患者さんが上着を羽織っていると、カーテン越しの玄関がポカポカ光っています。 「なんだ?」と思ってカーテンを開けると同時にフッと暗くなりました。 この時点ではまだ寿命が来たと思っていなく「接触の不具合かなぁ」とスイッチのON・OFFを繰り返してみる
『LED電球が6年で寿命なんて聞いてねぇぞ』の画像

最近はアンパンマンよりプリキュアのリクエストをするようになった娘。 最新話ばかりじゃ飽きるだろうと思い、過去のを流そうとすると「カボチャのー!」と抗議が入ります。 第38話「幸せチャージ!ハッピーハロウィン!」ですね。 ということで10回以上は観せられ、キ
『テレビ画面も食卓もカボチャなのさ~』の画像

ここ1週間は、なんやかんやと諸事情が続きPCの前に座る気分にもならずモヤモヤが続いていました。 定期的にメンテナンスされていた方。 きっかけは脳出血後のリハビリとして。 もちろんリハセンターで一通り一定期間を終わってから。 最初のうちは送迎でお越しになります
『なんだかなぁ~』の画像

南陽市の某企業。 景気がいいようで昨年は新社屋にしました。 そこには社員約80名のクルマを保管できる屋根付き駐車場も完成。 冬季間にはよくある光景です。 残業でクタクタになって「早く帰りたい」と思ってもクルマの屋根や周りにこんもりと積もった雪を除けなければ
『「社員は財産である」 こんな社長に社員はついていくのさ~』の画像

あくまでも個人的に好きな道路の一つです。 道は細くクネクネしていますが景色は最高! 国道121号線田沢から県道244号線に入り、県道4号線を通るルート。 西吾妻スカイバレーと違って交通量はほぼ無いに等しいので、自分のペースでのんびり眺めながら走ることができ
『ふらっと行ける紅葉スポット』の画像

出店攻勢が激しい『いきなり!ステーキ』 今年は山形市に2つ出店し、1週間後には鶴岡店がオープン予定。 「あ~ もうこれで米沢に出店することはないんだなぁ」と半ば諦めていました。 が、11月9日(金)米沢万世店としてオープン予定です! これで福島太平寺店まで高
『『いきなり!ステーキ』が米沢に来るぞー』の画像

私は今までクルマ8台、バイク3台を乗り続けていますが、未だ同じクルマを2回車検通したことがありません。 それだけ頻繁に買い換えているということです。 でも、さすがに不経済なのでそろそろ落ち着いて一台を長く乗ろうと決めました。 今まではクルマを買ったら、すぐ
『これからの冬に向けて塩害対策用長期防錆剤『スリーラスター』を施工してもらう』の画像

ここ近年は一年一年があっという間に過ぎていく感覚です。 実は開業してから今日で11周年というのは昨日の施術中にふと気づきました。 危うくスルーしてしまうところでしたよ。 ということで『ひだまり整体院』は本日で開業11周年を迎えることができました。 皆さまのお
『お陰様で11周年を迎えました』の画像

毎年この時期になりますと自然と山のほうへタイヤが向かいます。 今年も紅葉は例年通りですね~ 錦平からの眺め。 そのままの足で桧原湖へ向かう途中に産直場がいくつかあります。 毎年ここで高原野菜を購入します。 で、購入するともれなく「きのこ汁」のセルフサービ
『西吾妻スカイバレーは今が見頃』の画像

久々に新しい温泉の開拓です。 個人的には強酸性の硫黄泉が好きですが炭酸泉も珍しいので興味ありました。 日本広しと言えども天然の高濃度炭酸泉はかなり少数です。 その一つが山形県の小国町にあります。 泡の湯温泉 三好荘 小国町と言っても広い面積なので漠然としてい
『小国町 泡の湯温泉 三好荘』の画像

時が経つのは早いもので娘は後3ヶ月で3歳を迎えます。 ということで七五三詣りに上杉神社へ参拝してきました。 本来の七五三は11月15日ですが、いろいろな方へ伺ってみますと「いや~11月は止めたほうがいいよ」とアドバイスをいただきました。 確かに米沢はちょう
『米沢の七五三詣りはお早めに~』の画像

あれだけ暑かった日々も過去のこと。 もう明日からは最低気温が一桁台になり最高気温も10℃台で推移します。 西吾妻スカイバレーの紅葉も見頃のようで、すっかり秋の米沢市です。 私はまだ紅葉を見に行けていませんが今年は新幹線から見ることになりそうです。 10月14
『10月14日はお休みさせていただきます』の画像

私の趣向を知っているので常に最適な図書を薦めてくれる司書さん。 前回の来院時は小説ではなく漫画を教えてくれました。 『はたらく細胞』シリーズが【ひだまり図書館】の蔵書として増えました。 こういう漫画を東京時代に読みたかったな~と感慨深く読んでおります。 当
『きっとアノ人も読んでいる『はたらく細胞』シリーズ』の画像

どこまでいい人なんだ、佃社長は。 今回も素晴らしい製品を作ってくれました。 タイトルのヤタガラスですが私は初耳でした。 ヤタガラス(八咫烏)とは―。 東征を決意したものの、険しく道を阻む熊野越えに難渋していた神日本磐余彦尊(カムヤマトイワレビコノミコト)を
『下町ロケット ヤタガラス』の画像

四十路のオッサンが何を格言じみたこと言ってんだ、とお思いでしょう。 最近つくづく感じているのです。 「もっと若いときに旅をしておくべきだった」と。 人生を豊かにするには自分の足で旅をし、見て・聴いて・食べてなど五感をフルに活用した経験に勝るものはありません
『旅が人生を豊かにする』の画像

山本"KID"徳郁も安室奈美恵も私と同じ昭和52年生まれ。 ちょうど人生の折り返し地点という年齢に「生き様」を考えさせられます。 この2週間内にお越しの方へは第三の声変わりを披露しました。 その節はお聞き苦しい声で大変失礼いたしました。 すっかり本調子となり元
『急性副鼻腔炎になりました』の画像

↑このページのトップヘ